フウセンカズラ

フウセンカズラの実(10/11)

フウセンカズラの実(10/11)

中は3つの部屋に分かれています

中は3つの部屋に分かれています

ハート模様の若い種

ハート模様の若い種

昨年の種

昨年の種

今年は職員室前にフウセンカズラの種をまいてみました。かわいい風船の実とハート形の種を生徒に見せたかったからです。ところが忙しさにかまけてほとんど面倒を見ませんでした。夏休みもほったらかしでしたので、2学期になって恐る恐る見に行ったところ、かわいそうなことにツルを伸ばせず地面を這うような状態で残っている株を見つけました。それでも3つだけ風船が付いていました。

その風船を横に切ってみました。均整のとれた3つの部屋の真ん中に、鮮やかな光沢のある緑色の種がお行儀よく納められています。このスッキリした幾何学的な配置、ステキだと思いませんか。種を取り出すと、白いハート形模様がはっきりしています。ハートの形の真ん中にあるおちょぼ口のような部分が実の中心とくっついていたところです。ここから栄養をもらうへその緒のようなところです。熟して黒くなった種のハート模様もかわいらしいのですが、この緑色の方がきれいだと思います。

フウセンカズラはムクロジ科の植物です。ムクロジといえば、黒い堅い種を羽根つきの羽根の玉に利用することで有名です。フウセンカズラの堅い実も何かに使えそうです。その後、風船の数は7~8個に増えましたが、来年こそはきちんと育てて、生徒達と種の利用方法を考えてみたいと思います。いいアイデアがあったら教えて下さい。

ご意見・関連情報などありましたら、こちらまでご連絡ください。